RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
エニ熊

ある日、森の中、考え込んだ熊に出会った
熊さんの言う事は、吠えるだけで分からなかった

 

人食らう獣でさえ悩みがあるのに
あなたはいつも気楽そうでいいわね

 

彼女の鼓動 いつか消える事
耐え難きそれをただ待ってた

 

ある日、森の中、僕を見つめる少女に出会った
『お嬢さん、お逃げなさい、飢えた本能は抑えきれない』

 

人食らう獣が目の前にいるのに
あなたはなぜそうも呑気に立ってるの?

 

彼女の動悸は懐でシンクロ
涙流し、渇きを癒した

 

「なぜ」だけが残った
「なぜ」だけが残った
「なに」か喉に刺さった

 

 

ヘアピンだ

author:スガイユウジ, category:歌詞, 21:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:45
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://sugaiyuji.jugem.jp/trackback/415