RSS | ATOM | SEARCH
ナンバー・ゼロの隣人
全部捨てた一人になれた
今気付いた
泣いてちゃ分かんないから 分かってんのか?
取り戻したけど大切な何か欠けてるような
そんな心が時折好きなんだ
遠巻きに見る一人はなぜか恋焦がれた
なぜだかわかんないから聞いてるんだよ
ぶち壊れるまで続けるならば追い風になって
まさかな振り返るなんてしやしない

感情の無いナンバー・ゼロ
悲しみを売ってやろうか?
睨み付ける敵なんてさぁ俺にははじめからいやしないんだ

何か言いそうで何も言わないで
何か知ってそうで知らないで
イエス 俺以外の誰もが分かってそうだって
揺れるぜ世界ごと
躊躇わず切り裂いて
燻ってるだけじゃないなら黙って引き金を引いて
イエス 俺を裁いては罰して 許して また騒いで

咥え煙草のゼロ
剥がれ落ちた壁の色
苛立ちは先立ってさぁ 心無い言葉に何か意味をつける?

何か言いそうで何も言わないで
何か知ってそうで知らないで
イエス 俺以外の誰もが分かってそうだって
揺れるぜ世界ごと
躊躇わず切り裂いて
燻ってるだけじゃないなら黙って引き金を引いて
イエス 俺を裁いては罰して 許して また騒いで

6月の砂浜を俺達は裸足で歩いた
ほら少しづつだけれど誤解が解けていくだろう
有り触れた過ちを見過ごしてここまで歩いた
今 その代償を払う

「報いを受ける」
なんて素敵な言葉
author:スガイユウジ, category:歌詞, 12:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:35
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://sugaiyuji.jugem.jp/trackback/411