RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
わぁ

放置して一年経ってた!

author:スガイユウジ, category:私事, 21:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ギザギザハートのこりもうた
分かってくれとは言わないが(言ってるが)

そんなに俺が悪いのか(悪いのだろうねぇ)

ララバイ ララバイ

おやすみよ

って言って寝た
author:スガイユウジ, category:私事, 23:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
セールに行く
昨日の話。

何かと購入させていただきお世話になっている植田の某セレクトショップのセールに行く。

買ったよ。



インディゴ染めのコットンセーター。

でもこれ、セールじゃなかったよ。

よくある話。
author:スガイユウジ, category:私事, 20:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
40歳に

なりました。

所謂、不惑の年ですが、この先も迷い続ける人生な気がします。
ただまあ、齢を重ねても『あの頃に戻りたい』と感じた事は一度もなく、日々楽しさが増しているように思います。

これも単に今、僕を取り巻いてる世界はそれでいて素晴らしい訳ではなくて、僕を取り巻いてる人々のおかげだと思っております。

何においてもそうですが、こと音楽に関してはこれ以上ない、と胸を張って誇れる作品はまだ出来ておらず、
だからこそ今もなお続けていられるのだし、死の間際まで曲の構成やら歌詞の手直しの事を考えて逝けたら幸せだなぁと感じてます。

今まで僕と関わりのあった全ての人、
今なお僕と関わりのある全ての人、
この先僕と関わりをもつ全ての人、
僕の血肉を形成する全ての生きとし生けるもの、

ありがとう。

大好きです。

愛してます。

は、言い過ぎました。

これからもどうぞ宜しく。

author:スガイユウジ, category:私事, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
仕事
今やってる仕事が面白いように進まない。

いや、ある程度出来てはいるのだが。

問題はその品質。

高みを求めようとするには時間が足りない。

プロフェッショナルとして、中途半端なものは見せたくないという男のプライドが僕にはある。

あれこれ思い悩んで、ここ最近気持ちが沈んでいた。
(他にも要因はあったのだが、それは解消されたので割愛する)

いや待て。

僕はそもそも今の会社には「ムードメーカー」として採用されているのに、なぜ仕事などしているのだ。

そう考えたら気持ちが少し楽になった。

明日から僕は仕事している部下の横で、「ふなっしー」の真似して軽快なジャンプをしていよう。

そしたらすぐに上司に呼び出されて、身も心も楽になるのだろうね。
author:スガイユウジ, category:私事, 22:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
無題
lalalarksの内村さんとviridianを観にロックンロールへ行った。

内村さんの弾き語りを観るのは初めてだったが,とても良かった。
中でも内村さんが作曲した曲が一番良かった。

viridianは,前から音源などはちょくちょく聴いていて,一度ライブを観てみたいとずっと思っていた。
最近はバンドでの活動が少ないと聞いて,今日はラッキーだったのだと改めて思った。
自分の音楽にはない,浮遊感がとても心地良かった。
僕の好きな曲も演ってくれたし。

2組観終わって,本日のところは早々に退散。

どちらにも共通していえるのは,録音されたものよりも「生歌」が圧倒的に良い事。

自分に無いものを持っている人を目の当たりにし,大きな刺激と小さな絶望を味わった。

羨望と自己嫌悪に心掻き乱れ,癒された土曜日の夜の献立は唐揚げ。
author:スガイユウジ, category:私事, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
新入社員
4/1から約一週間、本社での研修を経て、
本日、会社に新入社員が配属された。

皆、揃いも揃って憎たらしいくらいに初々しい。

俺にもこんな頃が、

ない。

それにしても今日はずっと歯が浮いていた。

あんまり感じてなかったけど、疲れているようだ。
author:スガイユウジ, category:私事, 22:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
2013年,福井の旅【後編】
7:20,内線での呼び出し音で目を覚ます。

前日に,朝食は8時なので7:30にお布団さげに伺いますね,と言っていたにも関わらず,約束の10分前に仲居が部屋に入ってきた。

これに限らず,担当の仲居の人は何かにつけて巻き気味で来る。

朝食は,所謂「純和食」で,非常に美味しかった。

食べ終えて,掃除が始まる前に大浴場に向かう。

昨日の暗闇とは打って変わって,日本海を眺めながらの一人露天は気持ちがよい。

めちゃめちゃ曇ってるけど。

それもそのはず,本日は猛烈な低気圧が日本全土を襲う日。

こんな天気で,帰りは高速に乗って帰らなければいけない。

それを考えると気がめいる。

(全部書ききった矢先,何か知らんがパソコンが落ちた。書き直す気力もとうに失せたので,これ以降は箇条書きにする)

・チェックアウト
・恐竜博物館
・羽二重餅
・越前そば
・鯖江の「めがねミュージアム」
・嫁,眼鏡買う
・高速,大変(雨風)
・帰宅
・泥のように寝る

おしまい
author:スガイユウジ, category:私事, 22:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
2013年,福井の旅【前編】
適当に身支度を済ませ,朝マックする。

名古屋高速から名神,そして東海北陸自動車道。

南条SAで小休止。
フードコーナーで不味い昼食を済ます。

再び車を走らせて,福井北ICで高速を下りる。

そこから1時間ほどして,「浅野耕月堂」へ。

かの昭和天皇・平成天皇が愛した御菓子「松乃露」を購入。
試食したらば,これはこれは。

会社の分と自分達で食べる分を購入。
※今にして思えば,もっと買っておけば良かった。

そこから30分ほど走って,本日の宿泊先「望洋楼」に到着。

抹茶と酒粕で作ったプリンを頂く,も俺黒糖駄目だからプリンは残した。
すみません。

部屋に通されて,仲居さんから色々説明を受けるも,仲居さんが5人くらいいて,皆若い。

聞いたところ,今年の春からここの旅館の仲居になったばかりの新人さんらしい。

皆,純朴で真面目に働いている様子だったので,御駄賃をあげようかと財布を開いたら,自分自身が御駄賃を欲しいくらいの有り様だったので,精一杯の作り笑いでその労に応えた。
(財布の小銭入れには使い古しのピックが数枚入っていたが,流石にこれ渡してもゴミにしかならんだろう)

早速部屋の露天風呂を堪能。

日本海が一望できる。

鳶が優雅に空を舞っている。

鴎が岩場に寄り添いあっている。

そして俺はのぼせて突っ伏している。

夕飯前に,東尋坊へ。

旅館から歩いて30分ほどで到着。

着いたと同時に,全ての店が閉店の準備を始めた。

時計を見たら午後5時。

東尋坊を横目に,来た道を引き返す。

旅館に戻り,ロビーでコーヒーを飲みながら,日本海を眺める。

若い仲居さんとしばし歓談。

福井は厚揚げの消費量が日本一だそうだ。

そんな他愛もない話をしていたら夕食の時間になったので部屋に戻る。

前菜,刺身を経て,

本日のメイン「蟹」のフルコース。

蟹刺し,焼き蟹,ゆで蟹,蟹のグラタン,蟹めしと続いて,

デザートは蟹のアイスクリーム,

とはならず,甘酒のアイスと苺だった。

しばし休憩して,大浴場へ。

露天風呂から眺める日本海,

は真っ暗闇に包まれていた。

部屋に戻り,布団でゴロゴロしていたらいつの間にか眠っていた。

ここまでの道のり,よほどの疲れがたまっていたのだろう。

俺,今日1cmも運転してないけどね。


【後編】に続く
author:スガイユウジ, category:私事, 20:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
いいね!
押すか押さないかは,自分の目で確かめてから判断するので。

催促する・されるようなものでは決してない。

逆に冷めるわ。







下の「いいね!」押してね!!



ね?冷めるでしょ?


【追記 20:21】
あくまで己の保身のために書くが、ページのお知らせそのものに対しての嫌悪はあまり無い。
恐らくは、多くの人に勧めたい・知ってほしいとの想い(そこに私利私欲は当然含まれる)があって、連絡してくれてるのだから。

日本語版Facebookのお粗末な日本語に腹が立つのである。

「○○さんがあなたに××を「いいね!」するよう依頼しています。」

こんなタイトルでメールが送られてくると、ハナから見る気が失せる。
折角の伝えたい事が、これでは傲慢な命令にとられかねない。

メールのタイトルは下記のようにすると、もっと人の心を打つのでこうすべきだと思う。

「貴殿の知り合いである○○が××を是が非ともにご覧頂きたいと懇願しております故、お時間の許す時にでもご覧いただきますよう、○○に代わりましてお願い申し上げます。その際は、「いいね!」ボタンを押していただけますと、幸甚に存じます。昼夜の気温差も激しい季節ですので、何卒ご自愛ください。」

これで「いいね!」が増える事うけあい。
author:スガイユウジ, category:私事, 18:51
comments(1), trackbacks(0), pookmark