RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
サンセットレコード結成20周年のお祝いコメント(その4.2)

結成20周年だから、日頃から親交の深い(と勝手に思っている)音楽関係者の皆様より(半ば強制的に)お祝いのコメントを頂戴しました

 

イベントは先週終わりましたが、お祝いコメントはいつでも歓迎します。

 

※敬称略

 

私がスガイユウジを好きな10の理由

 

〇匐,辰櫃い箸海蹐ある

意外とロマンチストである

生まれ持った資質がおそらくちょっと捻れている

ぅ薀ぅ崔羂豢別椶納蠅鬚弔辰討靴泙

ゴ恭个任發里鯊える部分がある

更にその捉えたものに対して真っ直ぐである

Д薀ぅ崔羂豢別椶納蠅鬚弔辰討靴泙

┐茶目で実は目が可愛い

声、曲のいわゆるスガイ節みたいなものが脳に影響を与えやすい(気持ちいいって事)

ライブ中一曲目で手をつってしまう

 

20周年おめでとうございます。

 

33Insanity’sVertebra  NOZOMIHP

author:スガイユウジ, category:結成20周年お祝いコメント, 23:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サンセットレコード結成20周年のお祝いコメント(その4)

結成20周年だから、日頃から親交の深い(と勝手に思っている)音楽関係者の皆様より(半ば強制的に)お祝いのコメントを頂戴しました、

 

の第四弾

※敬称略

 

 

サンセットレコード結成20周年おめでとうございます。
とは、バンドを生活の一部にしている者にとっては簡単な言葉では決してないのです。

曲を作り、歌詞を作り、レコード作り、ライブをして、生活に塗れながら、これを20年続ける屈強な意思。
メンバーが変わり、アレンジが変わり、住む環境すら変わって、絶望して、切望して、それでも、歌い続けることを止めない不撓不屈の精神。

16年前、夢追い虫が、深夜のテレビで観た夢追い虫が今も人生賭けて音楽やってます。

そんな先人がいて、僕は幸せ者だと思う。
僕は誇りに思う。

サンセットレコード結成20周年おめでとうございます。
 

福岡“せんちょー”大資(バズマザーズ)HP

 

 

常にステージに立ち続け
後に続く後輩の手を引いてくれる
そんな存在が身近にいることを
何よりも誇りに思い
時に勇気づけられています
おめでとう
そして
ありがとう
いつまでも
そこにいてください
そして
くれぐれも
ご自愛くださいませ
ハート。

 

佐藤美生(JONNY)HP

 

 

俺の中で20年間最強のロックアイコンは菅井優児、浅井健一、宮本浩次は不動です。
サンセットレコード=菅井さん、20周年おめでとうございます。
ギターに困ったらいつでもメンバーに呼んで下さいね笑
いい音出しますね笑

 

五島義久(33 Insanity's Vertebra)HP

 

 

PCが一台あれば1人で何でも出来てしまうこの時代に「バンド」などという人間臭く、面倒で、手間暇もかかり、しかも全然お金にもならない手法を用いて音楽を創り続けている事は逆に大変にウツクシイ事だなと、いつも思います。
バンドとは別ですが、僕が少しだけかじっているインド音楽の世界では、「もっとも脂が乗る時期は70代だ」と言われているので、それを考えるとお互いまだまだこれからが面白いですよね。
20周年おめでとうございます!

 

若林テルヲ(basquiat)HP

 

 

サンセットレコード20周年おめでとうございます!20年という歴史からすればあまりにも新米な私ですがスガイさんの何かに引き込まれながら日々サンセットレコードを愛しております。こうしてお祝いの気持ちを伝えれてよかったです、またご一緒しましょうねー!
p.s.25周年も楽しみですね。もう祝ってる人いるくらいですから!

 

伊藤誠人(いとまとあやこ/palitextdestroy)HP/HP

 

 

サンセットレコードさん20周年おめでとうございます。
実はライブを拝見させていただいたのは一度だけなのですが、その時僕が感じたのは「自分たちの世代に無いもの」がそこにあるという事でした。
それは難しくいえば音の鳴らし方なのかもしれませんが、音楽に対する考え方の様な気もしました。
名古屋の大先輩でこうして20年間ずっと音楽を鳴らし続けているバンドを、僕ら世代の仲間にも是非見て欲しいと思います。
自分もまだまだこれからサンセットレコードさんの音楽を知っていく身です。
そんな人のためにもこれからも変わらず素敵な音楽を届けてください。

 

村田隆嘉(コトリノループトリノ/GRANNY SMITH)HP/HP

 

 

20周年おめでとうございます!
サンセットレコードとは大宮ハーツで出会い、それから数多の月日が流れました。今でもこうして音楽とインスタグラムで繋がることができて感慨深く思います。音楽とインスタグラムには感謝です。
スガイアニキ、履かなくなったオシャレな靴ください!(爆)そしてこれからも対バンしましょうね!

 

小倉範彦(ウラニーノ)HP

 

 

15年前、ウラニーノを組んで間もない頃、サンセットレコードがツアーでやってきた大宮ハーツで、地元バンドとして前座をしました。
ライブ後に物販に並んで買ったCDを、毎日聴いてました。
数年後に名古屋で再び共演する機会をいただきました。あの日、緊張してドキドキしながら話しかけたスガイさんは、接しやすいおじさんになっていました(笑)
バンドを始めた時がぼくの第二の青春とするならば、サンセットレコードは間違いなくぼくの青春のBGMです。
20周年おめでとうございます!!

 

山岸賢介(ウラニーノ)HP

 

 

第五弾…あるのか(つづく)

author:スガイユウジ, category:結成20周年お祝いコメント, 22:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サンセットレコード結成20周年のお祝いコメント(その3)

結成20周年だから、日頃から親交の深い(と勝手に思っている)音楽関係者の皆様より(半ば強制的に)お祝いのコメントを頂戴しました、

 

の第三弾

※敬称略

 

 

スガイさんの書く歌詞は染み込む。

わたしからは決して出てこない言葉で出来ていて、なんの過不足もなく。

そういうところ、とっても好きです。

サンセットレコードのスガイさんとしてお会いするより、名古屋ではバーベキュー等で会うことが明らかに多いですが、(笑)

11/18はライブが拝見出来そうなので楽しみです!

サンセットレコード、20周年おめでとうございます!

 

内村友美(la la larks)HP

 

 

20周年おめでとうございます。
サンセットレコードといえば、イントロからのギターリフが印象的でスガイさんはリフ作りの天才だと思います。

そんなスガイさんは大阪までピエゾのピックアップを買いに来たついでに僕らのワンマンにも来てくださったことが今でも嬉しい思い出です。

久しぶりに音源を聴かせていただき、良い曲たくさんあるなぁ、かっこいいなぁって素直に感じました。
改めて、すこし狂っているけどいろんな人に気を遣える優しい人たちって勝手に思っています。

是非機会あれば対バンさせていただきたいし、これからもずっと応援しています!

 

エーキュー(ネコグルマ)twitter

 

 

サンセットレコードさま

僕の記憶が正しければサンセットレコードとの出会いは、当時大学生でありBrandnew ColorというバンドのVo&Gをやっていた僕の双子の兄が「このバンドカッコいいよ」と言ってカセットテープ(多分)で"ロサンゼルス"という曲を聴かせてくれたのが最初だ。ちなみに兄はどこで手にしたかも覚えていないらしいが。

その当時アコギのみを片手に曲作りをしていた僕はあまり"ロック"が好きではなかったが、スガイ氏の歌声に衝撃を受けたのと楽曲に「おー、カッコいいね!」と話したのは覚えている。

その後も"ためらい"という名曲を生みセンスを見せつけられたが、いつの間にか九龍とサンセットレコードに分かれてしまっていた。と言うのも、僕自身もその後ハートランドを主体に活動していたバンドマンだったので一方的にサンセットレコードを知ってはいるが全然絡みが無かったのだ。(ちなみに九龍のお二人とは時々スタジオフリーウェイですれ違っていた)

そして2007年に兄と僕は「mushroom」という双子のツインボーカルユニットを組み活動を始め、記憶力が悪いので自信が無いがその時期に初めてハートランドでスガイ氏と話をした気がする。「歌詞とか見た感じ、映画好きだよね?」と言われてとても嬉しかったのを覚えている。その後念願だった対バンも果たせた。(余談だがその前後にハートランドのHTVというケーブルテレビの番組でスガイ氏がミスチルの「優しい歌」をカラオケで採点していたのを観た記憶がある。笑)

正直スガイ氏とはそんな「薄っっ!」と突っ込まれそうな関係だが、色々とご縁が有りSNSなどで繋がらせていただいている。
そんな立場でこのお祝いのコメントを書くのは忍びなかったが、記憶を辿って書いてみるとその当時の気持ちを少し思い出して何だか懐かしくもある。

僕は現在「仙人掌人形(サボテンドール)」という男女ツインボーカルのVo&Gとして4つ目のバンド(ユニット)をしている。
そんな僕には同じバンドを20年続けるなんて大変な事は想像もできない。それだけでもスガイ氏の「サンセットレコード」に対する愛情を十分に感じる事ができる。

兎にも角にも「20周年おめでとう」のその一言を書くためにしばし思い出に付き合っていただきましたがこの後30年、40年と続けていつまでも変わらぬ良質な音楽を聴かせてください。

長くなりましたが20周年、本当におめでとうございます!

 

幸朋(仙人掌人形)HP

 

 

サンセットのギターロックは、僕の父で、へこたれてるのを「おい、ふざけるなよ。しっかりしろよ。」と叩いてくれます。
本当は不器用なくせに、そのまま飾らないんだから、大きくて、嬉しいです。

20周年、僕もたどり着きたいです。

 

ハルラモネルHP

 

 

初めてサンセットレコードと対バンしてから十数年、未だ仲良くさせてもらっている数少ない音楽(麻雀)仲間です。

音楽はもちろん素晴らしいからなんですが、やはり菅井さんの人望により(麻雀をやる)人が集まって来るんですね。

一緒にユニット(おひき)やらせてもらってすごく(この人は麻雀が好きなんだと)感じました。

いつまでもそんなサンセットレコードのVo.でいてください。またカッコいい歌を楽しみにしています。おめでとうございます!

 

菅庸至twitter

 

 

20周年、おめでとうございます。
20年ってホンマにすごい。「諦めた時点で可能性は0%、諦めないことが可能性への第一歩」という言葉を思い出しました。

バンドという形で音楽と共に在り続けることって理想やけど、だんだん難しくなっていく。それを貫いてるサンセットレコードはやっぱりすごい。

おじいちゃんになっても何か切なくて、何かはち切れそうな音楽聴かせてください。それを励みに私もおばあちゃんになっても歌っていたいと思います。
対バン時代から20年近く経ってそれぞれ取り巻く状況は変わったけど、メローズにとってはスガイさんはいつまでも優しいお兄ちゃんのままです。

 

チカ(exメローズ)

 

 

音楽を始めたばかりの私をいろんな人と繋げてくれたのは他でもないスガイさんでした。
大先輩であることを時々忘れるくらい気さくでおもしろいのに、ステージに立つとかっこよくて。
とにかく私はスガイさんみたいな人をスガイさん以外見たことがありません。
尖っているようでいて、人の気持ちをよく考えてくれる人だと思っています。
20周年、おめでとうございます。
この先もずっとサンセットレコードを見られることを勝手ながら楽しみにしております。

 

十月エリtwitter

 

 

第四弾はまた後日(いつだろ)

author:スガイユウジ, category:結成20周年お祝いコメント, 21:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サンセットレコード結成20周年のお祝いコメント(その2)

結成20周年だから、日頃から親交の深い(と勝手に思っている)音楽関係者の皆様より(半ば強制的に)お祝いのコメントを頂戴しました、

 

の第二弾

※敬称略

 

 

結成20周年?だからどうした?たんぽん

 

永井秀彦(ぶどう÷グレープ)HP

 

 

サンセットレコード20周年おめでとう〜

僕らのつきあいもなんだかんだ長くなるね、いつどう出会ったのか、覚えてないぐらい…

長くやり続けるってことが、どんな意味を成すのか、それは今でもわからないけど、確かなのは、常に今が一番楽しくて、今が一番面白いって愚かにも真剣に思ってることじゃないかな。
息の長いバンドを目指してる訳じゃない、気づいたら20年経ってた、きっとそんな感じだよね、僕らも同じだ。

名古屋へ行けば奴らがいる、サンセットレコードは僕にとって、大事なバンドなんです。

 

サクマツトム(ハックルベリーフィン)HP

 

 

まだバンドも組んでもない、ギターさえまだバンドも組んでもない、ギターさえも触ってなかった10代の頃、たまたま見に行ったライブでサンセットレコードと出会った。

その時、サンセットレコードの名曲、ロサンゼルスを聞いて衝撃が走った。
ロサンゼルスの音源が欲しくて、勇気を振り絞ってスガイさんの前で

「あー恋する瞳に語りかけてるのさ♪って曲が入ってるのありますか?」って歌ったのに「ああ、それないんだわー」と。

勇気を振り絞って話しかけて歌まで歌ったのに素っ気なくあしらわれたのは今でも心の傷として残っています。
その傷を引きずって未だに人とのコミュニケーションの取り方がわかりません。

当時はインターネットという文化もなく、音源もなくて、聞く手段がなかったのにあのメロディがずーっと頭にこびりついて離れなかった。
サンセットレコードのロサンゼルスは自分の中に一生残る曲。メロディが本当に素晴らしい。
本当名曲。

2マンをやらせてもらって、そのライブでロサンゼルスを歌わさせてもらえたこと、誇りに思ってます。

サンセットレコードみたいなバンドがずっといてくれるから僕らもまだまだやれるんだって思えます。

サンセットレコードありがとう。

20周年おめでとうございます!

 

睫攸蓮folt)twitter

 

 

サンセットレコード、結成20周年おめでとうございます。サンセットレコードの曲で思い出の一曲を選ぼうと思い、いろいろ聞き直してみたのですが、やはりぼくが選ぶのは「マインスコープ」ですね。自分がサンセットレコードに出会った時に新曲として演奏していた曲です。もう10年以上前の曲ですが、今でも聞くと正直アガりますし、あの頃の気持ちが思い出されます。

ぼくがベースを弾き始めて19年目です。サンセットレコードはそれ以上に長く活動しているということで、改めて1つのバンドを長く続けるということのすごさを感じます。そしてその年月の中で出会った人々は、それぞれの思い出の一曲を持っていると思います。できればいろんな人に「サンセットレコードの思い出の一曲」を聞いてみたいです。

最後になりましたが、これからも素敵な曲を作り続けてください。

 

野村尚之(ノムラセントラルステーション)BLOG

 

 

サンセットレコード結成20周年、おめでとうございます。

僕とサンセットレコードとの出会いは、もう今はブギーを辞めてしまった元ベースの真也くんから教えてもらったことがキッカケです。あれは確か20歳の頃、ちょうど「ロサンゼルス」が出た頃でしょうか。
当時まだ若かった僕には、サンセットレコードの音楽はむちゃくちゃお洒落で洗練されていて、今まで自分が聴いてきた音楽とは全く別物で、とにかく「オトナ」だなぁという印象でした。でも心のどこかで、「こういうのも好きかも」と思ったことは覚えております。

後々考えると、サンセットレコードは僕の聴く音楽の幅を少し拡げてくれた、そんな存在でした。
まぁその後は、ジャンルも違うブギーとは特に深く交わる事も無く笑、僕はブギーを続け、一方でサンセットレコードもずっと在り続けました。

そして2017年、いつぶりか分からないくらい久しぶりの対バンをして、そしたらもうすぐ結成20周年だということで。勝手ながら不思議な縁を感じております。

20年もひとつのことを続けるのって、僕は奇跡だと思います。
ブギーも今年で結成17年目ですが、一度お休みしていますし。
続けることだけが大事なことでは無いけど、続けることで見えてくる景色もきっとあると思います。
だからこれからもずっと、サンセットレコードを続けて下さい。

サンセットレコードを教えてくれた真也くんは辞めちゃったけど笑

僕はなんとか頑張ってみます。

またいつか、一緒にライブしましょう!

 

青山真一(THE BOOGIE JACK)HP

 

 

サンセットレコード結成20周年おめでとうございます。

20年前、テレビでは竹之内氏と反町氏がTシャツジーパンで爽やかにキめ、失楽園が流行語となり、モーニング娘。が誕生し(つまりサンセットレコードとモーニング娘。は同期という事になりますね)、『もののけ姫』が劇場公開。1997年はそういう年でした。その頃の僕はといえば当時まだ楽器さえ手にとっておらず、そうか、先輩方はその頃からバンドとして活動しておられたのだナァと若輩ながら感慨にふけってしまった次第です。

バンド活動というのはそのままドラマでもあるわけですから勿論20年の間には色々な事があったでしょう、けれどもバンドが20年間活動を継続する、一つの集団としてその名前を掲げるという事がどれだけ難しい事か。続ける事に意味がある、とは思いませんけれども続けてきた事も誇るべき成果だと僕は思います。これはバンドが成し遂げた節目の一つ。

先輩方、改めて結成(おそらく←オフィシャルバイオグラフィー見るとおそらくって書いてありましたよ先輩!どういうことですか先輩!笑)20周年、おめでとうございます。

 

舟橋孝裕twitter

 

 

昔昔、バンドを始めたばかりの私に舞い込んできた某ライブハウスからのブッキング、そこにサンセットレコードさんの名前がありました。

ペーペーの私からしたら雲の上の光り輝く存在なサンセットレコードさん、まさか自分が同じステージに立てるだなんて!高鳴る鼓動!溢れ出す妄想!

がしかし!意気込む私の想い虚しくメンバーの都合で出演叶わず、私は憤りのあまりメンバーと喧嘩してしまったのでした。

あれから十数年、サンセットレコードさんの25周年にコメントを寄せているだなんてオーイあの時の私〜、良かったなあの時の私〜(涙)

25周年おめでとうございます!!

(※原文ママ)

 

平井亜矢子(いとまとあやこ)HP

 

 

サンセットレコード、まずは20周年本当におめでとうございます。

いやー、ここまで続けるの半端ないす。まじで。

出会ったのはもう、19年とか前かな?ハートランドというライブハウスでサンセットレコードと出会いました。キレッキレッの音楽をぶちかましてました。そして怖そうな人達だなって思ったのを思い出します笑
でも何回かいっしょにやるうちに、仲良くなって、いっしょに飲んだり、いっしょに飲んだり、いっしょに飲んだり笑

もはや途中から一ファンでした。

しばらくスガイさんにも会えてないですが、また会った時には仲良くしてください。

てかまた飲みましょう!

 

石黒健晋(ISAAC)HP

 

 

第三弾はまた後日

author:スガイユウジ, category:結成20周年お祝いコメント, 22:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サンセットレコード結成20周年のお祝いコメント(その1)

結成20周年だから何かやろうかと画策し、(会社の部下の協力の下)特設サイトを作る事にした。

こちらは近日中に公開予定なので、その際はまたお知らせします。

 

上記サイトでも公開はしますが、日頃から親交の深い(と勝手に思っている)音楽関係者の皆様より(半ば強制的に)お祝いのコメントを頂戴しましたので、本ブログにて先駆けて公開します。

 

まずは第一弾

※敬称略

 

 

出会いは、忘れもしません。いつだっけ?w

確か僕は18ごろのコンテスト(20年前か)。。

曲に惹かれていく感じは、もしかしてサンセットレコードが初めてだったのかも。。
その時から、何十年経っても同じ曲が出来る事の素晴らしさに、嫉妬を抱いていたなんて、この文章で知るんだろうな。

そして今は、彼の歌に心が揺さぶられる事に嫉妬してる。

20周年おめでとう。

 

Yuzuru Kusugotwitter

 

 

自分は、10年目くらいでバンドを解散してしまったので続ける事の難しさは身をもって体験しました。

20年。すごいですね。

こうなったら30年、40年と続けていってもらいたいものです。

20周年おめでとうございます!

 

サノヒトミtwitter

 

 

サンセットレコード様
20周年おめでとうございます。

名古屋で出逢って楽屋で物静かなスガイさんはステージではスターでした(笑)

20年、30年とこれからも共に音楽していきましょうね。
出逢えて良かった、おめでとうございます。

 

盒競譽(ドン・タカハシ、TOY)HP

 

 

ナイスガイ・スガイさん率いるサンセットレコードのみなさん、20周年おめでとうございます!

私が生まれてからほぼ同じだけの年月を生きたバンドだなんて信じられません。
この20年間、私の人生と同じように たくさんの喜びや、苦悩や、幸せがあったんだろうなと思います。だいぶサバ読みましたけど

生きるバンド。サンセットレコード。

きっとおばさんになっても同じように息をし続けてるんだろうなあ!

 

ベーシスト・辻斬りっちゃんtwitter

 

 

スガイユウジという男は計算しつくされた男と思いきや実は反面で雰囲気で生きてる部分とかノリとかで生きてる部分あるんじゃないかなと思う。彼の作る曲は最初から最後まで哀愁かましてきます。そんな独特なサンセットレコードワールドに皆は引き寄せられるんだと思う。20年も引き寄せやがって!さすがサンセットレコード!まだまだ辞めないでください!お互いジジイになってもライブハウスで会いましょう!20周年おめでとう㊗

 

矢野晶裕(→SCHOOL←)HP

 

 

サンセットレコードの皆様。

20周年おめでとうございます。

20年前、自分はまだ中学生くらいだったと思います。
更に言うと、当時はまだ石川県に住んでいましたのでサンセットレコードのサの字も知りませんでした。本当に申し訳ございません。

13年前くらいに名古屋に引っ越してきてからnothingmanというバンドを始めたのがその2年後くらい。
つまり自分が名古屋でバンド活動をし始めてから、約10年くらい経ちましたのでちょうどサンセットレコードの歴史の半分くらいになります。

活動10年、ってあっという間だな。と思っておりましたのできっとサンセットレコードの皆様も、「意外とあっという間だな。」という感じなんじゃないでしょうか。
そうであったらいいな、という願望も含みつつですけどね。

名古屋で音楽活動を開始してからは、色んな所でお名前を目に、耳に触れる機会は多かったのですがお付き合い自体は、割と最近からだと思います。
特にVocalのスガイさんには気にかけていただいていたようでしてイベントごとなどにもお声掛けいただきました。その節はありがとうございました。

自分にとってのスガイさんは、物腰の柔らかい、素敵な大人の人という印象なのですがライブの打ち上げなどで、スガイさんの直属の後輩にあたるバンドの方々からお話しを伺うと若い頃は相当やんちゃして来られたそうですね。きっと自分は、ちょうど丸くなられた頃に出会ったんだな。尖っていた頃に出会わなくてよかったな。と過去の武勇伝をお聞きするたびに、ほっと胸を撫で下ろしています。

メンバー皆様の生活環境の変化もあると思いますがこうして無事に20周年を迎えられたこと、そしてこんな若輩者の私に、コメントのお声掛けまでいただきまして本当にありがとうございます。

「折り入ってお願いがあるのですが、」
の続きが一向に送られてこないスマホ画面を握りしめながら台北のホテルから見る景色は、いつも以上にノスタルジックでしたよ。

20周年、おめでとうございます。

HUNTER×HUNTERばりの活動頻度でも構いませんので是非30周年の際もお祝いさせてください。

 

宮下浩(nothingman/キネマズ)HP/HP

 

 

サンセットレコードとの出会いは、僕が17歳のときだった。

別のバンドを観に名古屋のライブハウスに足を運び、そのとき初めて偶然その音に触れたのであった。
今でも鮮明に覚えてるその肌触りは、洗練されているのに懐かしくて、怖そうなのに(笑)優しくて、とにかく、なんだかとても心地よい感触だった。
当時、音楽について素人同然だった僕にとって、その出会いを理屈で理解することは難しかったが、ライブ終了後、一人フロアで立ち尽くしていた。
家に帰ると朝まで楽器を弾いて、寝不足のまま月曜の学校に行った。その一連の僕の動作や感情を一言で表現するとしたら『衝動に駆られた』それ以外の相応しい言葉が思い付かない。

その後、僕もバンドを組んで、知り合いを通じてスガイさんとお会い出来る機会を頂いた。そこで、どんなバンドが好きで、どうやって音楽を作っているのか、など聞いた。『あの時』の感情を紐解きたかったからだ。きっと理路整然とした回答を貰えるに違いない。しかし、スガイさんの回答は意外なものだった。

「あんまり何も考えてないよ」

僕がしつこく聞くもんだから、軽くあしらわれたかな?と最初は思った。その後も会う度に、そんな話になるけど、案の定回答は変わらない。
もしかして僕、嫌われてるかな?そんな事を思った事もあった。でも、多分だけど、きっと本当にそうなんだろうな。
脳みそじゃなくて、身体や心が導く音楽をずっと作ってきた人たちなんだと思います。

なぜならサンセットレコードが新しい音源を出して聴く度、僕は今もまだ衝動に駆られてしまいます。
彼らが作り出す音楽、とくに個人的にコード進行や音の積み方が本当に素敵で、とってもコピーしたくなるんです。
衝動を生み出すものは衝動。きっとこれは全人類変わらないロジックなんじゃないかな。

無知だった17歳の時と何も変わらない関係で、今も僕の心を揺さぶり続けてくれるサンセットレコードの音楽がたまらなく好き。

20周年本当におめでとうございます、そしていつもありがとうございます。
これからもずっとファンでいさせてください。

 

ウチダアキヒコ(クアイフ)HP

 

 

サンセットレコード、結成20周年おめでとうございます!!

ちゃんと知り合ったのは最近だから、僕のサンセット歴はまだ五年足らずですが、学生時代からの知り合いのようなシンパシーを感じるのは、同じ時代を走ってきたからなんですね〜

これからもお互いマイペースで末永くよろしくです!!

 

森信行(exくるり)HP

 

 

第二弾はまた後日

 

author:スガイユウジ, category:結成20周年お祝いコメント, 21:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サンセットレコード結成20周年記念イベントのお知らせ

はい、一年ぶりの更新です。

 

先般、SNS等でくどくどと宣伝しておりますが、今年でバンド結成20年となります。

つきましては、主催イベントを開催します。

 

 

サンセットレコード結成20周年&ELL創立40周年記念ライブ


「二度目の成人式/二度目の不惑」

 

場所:ell.SIZE(名古屋市中区大須2-10-43 TEL 052-201-5004)
日時:2017/11/18(土曜日) OPEN 17:00/START 17:30
出演:サンセットレコード/九龍/ステレオファブリケーションオブユース(旧メンバー)/sacra

チケット:ぴ(343-388)/ロ(45247)/e+

 

 

今回はプレイガイドの売れ行きが伸びているようで、ともすればソールドアウトという殆ど使った事のない言葉が出てくる可能性があるため、ご来場を予定されている方は早めの購入およびバンドからのお取り置きをおススメします。

 

 

結成10周年のイベントは、初めてライブをさせてもらったハートランド(当時は伏見)でやらせてもらいました。
今回は名古屋ライブハウスの老舗であり、こちらもまた何かとお世話になっている大須のELLにて20周年イベントをさせてもらう事になりました。


出演してくれるバンドも、ほぼほぼ10年前と同じ面子でやれるのもありがたい話です。
イベントまで少し日があるように思えますが、うかうかしてるとあっという間に当日を迎えてしまうので、最良の一日が迎えられるよう今から準備を進めていきます。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

author:スガイユウジ, category:バンド, 20:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
エニ熊

ある日、森の中、考え込んだ熊に出会った
熊さんの言う事は、吠えるだけで分からなかった

 

人食らう獣でさえ悩みがあるのに
あなたはいつも気楽そうでいいわね

 

彼女の鼓動 いつか消える事
耐え難きそれをただ待ってた

 

ある日、森の中、僕を見つめる少女に出会った
『お嬢さん、お逃げなさい、飢えた本能は抑えきれない』

 

人食らう獣が目の前にいるのに
あなたはなぜそうも呑気に立ってるの?

 

彼女の動悸は懐でシンクロ
涙流し、渇きを癒した

 

「なぜ」だけが残った
「なぜ」だけが残った
「なに」か喉に刺さった

 

 

ヘアピンだ

author:スガイユウジ, category:歌詞, 21:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
わぁ

放置して一年経ってた!

author:スガイユウジ, category:私事, 21:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ペリストロフェ
ドアは遠く誰もいない
ベルは鳴ってる聞こえてはいる

今出ますよ、と叫んでるのは心
つまりは何も言ってないんだなぁ
繰り返される自己嫌悪と安堵
それでは何も変わらないんだなぁ

生きてます、と思うだけのココロ
誰に届かなきゃ死んでるのと同じ
積み上げてく自己嫌悪の階層
それすら忌み嫌い、ますます積み上がる

ドアの向こう誰は去った
ベルは鳴ってるそう思いたいだけ
author:スガイユウジ, category:歌詞, 20:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
今年最後の大一番
過ごしやすい季節になってきました。

皆さん,いかがお過ごしでしょうか。

近頃,方々から「ブログの更新が滞っておる」と文句を言われ続ける現状を打破すべく,久しぶりに(渋々)書きます。

今秋,ワンマンライブします。はい。

sunsetrecords ONE MAN live
「Bis morgen」

日程:2015年11月8日(日曜日)
場所:今池TOKUZO(名古屋市千種区今池1-6-8ブルースタービル2F)
時間:18:00open/19:00start
料金:前売¥2,000/当日¥2,500

おおよそ3年半ぶりのワンマンライブだそうです。
新曲も演りますし,意外なカバー※1(という名のコピー)もあります。
恐らくですが,新音源※2も発表します。

新旧織り交ぜながら,昔から聴いてくださる方,最近知ってくれた方,たまたま居合わせた方どなたも楽しめる内容になればいいなと思っていますので,是非とも宜しくお願いします。

※1:福山雅治ではないです。
※2:仮に出なかった場合も苦情は一切受け付けません。
author:スガイユウジ, category:バンド, 19:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark